『意識高い系?』2016/09/20 10:32

自らの頭で考え行動出来ない人達は、徒党を組む事が多い。
それが所謂多数派となり、信念を持って行動しようとする者の
邪魔をする。不安感を払拭しカタルシスを得たいがために。
そしてそのような連中の末路が、
どういうものであるかは言うまでもない。

http://www.suzutaro.net/entry/2016/09/18/174626

『これだけ何も書いていないのにw』2016/07/03 01:52

結構、アクセスしてきてもらっているのに驚きです。
アサブロのアクセス順位が、400位前後から下がらないもの。
(聖飢魔IIの)信者さんとか多いのかな?

『熊本・大分地震』2016/04/17 16:07

今回の地震により被災された方々に御見舞い申し上げます。
まだまだ予断を許さない状況ではありますが、
皆さまの安全と一日も早い復興をお祈りしております。

石黒彰

『キース・エマーソン』2016/03/12 18:52

いつかこの日が来ることはわかってはいましたが...

僕ら世代のロックキーボーディストだったら、
誰もが憧れたと思います。
「俺は日本のキース・エマーソンになるんだ!」と
息巻いていた高校時代が懐かしいです。
彼の奏法、音楽性、生き様すべてから影響を受けました。
”アカデミックな知識と能力を持ってパンクをやる”ような
彼のステージングにも物凄く魅了されました。
自分が国立音大に進学したのも彼の影響でした。
テクニカルなロックキーボーディストは今も昔もいますが、
未だにELPの『Ladies & Gentlemen 』における
彼のピアノインプロビゼーションに肉迫出来るプレイは
他では聴いたことがありません。
なぜなら、他のプレイヤーは能力はあっても、
彼ほどにジャズやクラシックへの”愛”や、
造詣の深さが無いからです。
異なったジャンルを同列に並べられる事の出来る音楽家は、
フランク・ザッパと彼以外に知りません。

私事で恐縮ですが、(自分自身はどん底の時期ではありましたが)
2000年に遂にその”憧れのアイドル”と一緒に
ステージに立つことが出来ました。
クラシックとロックを融合するアイディアは
ロイ・ハーパーの助言がきっかけだとか、
ウィントン・ケリーが好きだとか興味深い話も聞けました。
この経験は自分にとって一生の宝でもあり、誇りです。
『キース・エマーソン』...真のロックキーボードスターであり、
真のオリジネーター。ありがとうございました。R.I.P.

『年末のご挨拶』2015/12/24 23:59

ちょっと早いですが...(^^;)>
『ガスリーゴーヴァン ジャパンツアー 2015~2016』』で、
27日には博多に向かい、翌年まで東京に帰ってこないため、
今回で今年最後の『イシブロ』とさせていただきます。

今年もお世話になりました。
m(_ _)m
近年稀に見る、充実した楽しい1年でした。
おかげさまで、ライブの本数も過去最高の63本を数えました。

様々なアーティストと、お仕事をさせていただきましたが、
特に『聖飢魔II』の22年ぶりのツアー参加は、
懐かしさとも相まって、とても楽しかったです。
どこの会場もお客さんが熱くて熱狂的歓迎ぶりでした。
実は...心に決めていた”2つのこと”があったのですが、
共に無事に達成できたのが、とても嬉しかったです。

そして、遂に『ガスリーゴーヴァン』のツアーが始まります。
彼の超絶ぶりは知られたところですが、
その楽曲も鬼のように難しいです。
正直、かなり練習を積んでも中々弾けないレベルです。
もちろんコードを追うだけだったら出来ますが、
ハモリも含めて出来るだけ再現しようと心がけるつもりです。
リハは27日の博多に行く当日のみ。かなり過酷です。
でも、推薦してくれた(山本)恭司さんの期待に沿うよう、
全力で頑張りたいと思います。
ツアーレポートはFacebookやTwitterに載せたいと思います。

それでは来年もよろしくお願い致します。
良いお年を!(^^)/

『妄想の具現化』2015/12/22 00:19

(音楽に限っての話しだが)
若い頃から誰も応援してくれなかったし、信じてくれなかったが、
己の”妄想の具現化”こそ我が人生であった。
それはある意味”孤独な戦い”だ。

他人は自分の標榜する夢になんて興味はない。
興味を示す時は、大抵こちらが”結果”を出した時だ。
そういった瞬間、世俗的周囲のえげつなさには辟易するが、
結論から言うと、標榜しても結果を出しても、
いずれにせよ”孤独”だ...ということだ。

”芸術家”というものは、
他者からの理解を求めてはいけないのかもしれない。
いつかは理解してもらいたいにせよ、
”孤独”こそが創造へのエナジーを生み出すだからだ。

死ぬまでこれが続くのだろう。

『昭和の価値観』2015/12/13 01:25

高度経済成長に支えられた昭和の価値観。
それに未だ陶酔できているとは、幸せな部類でしょう。
「おかげで一流企業に勤めています」なんてセリフが、
今時出るぐらいですから。
確かに素晴らしい部分もあったかもしれません。
でも、もはやそれは現代にはそぐわないと思います。

おまけに...親は選べませんからね。
人間は生まれた時から”社会的な意味”では不平等だと思います。

http://cadot.jp/topics/15913.html

『応援』2015/12/06 01:40

って、苦しい時にこそ欲しいものだよね。
散々苦しみながら努力して、ようやくある程度結果を出せた後に、
「応援する」って言われたって、ちょっと白けるよな。

俺は平社員が社長になったって、教師が校長になったって、
その相手に対しての基本的態度は変わらない。
なぜなら”人”を見て付き合っているから。
社会的意味での”結果”は、その本人の本質と違うからね。

追記:ちなみに、昔から自分のことを知っている人ねw

『近況』2015/11/24 01:10

聖飢魔II 「全席死刑ツアー」も終わって約2週間。
感慨深くも楽しいツアーでした。
久々に”スター気分”っていうのも味わえましたね。(^^)
ツアー中の色々と面白い話もあるけど、まぁ〜それはまたいつかw

年内のライブは後残すところ5本やって、その後は
ガスリー・ゴーヴァンのジャパンツアーに突入します。
たぶん彼は...自分が今まで共演したミュージシャンの中で、
正に世界レベルと言える実力の持ち主でしょう。
自分がどこまで食いついて行けるかわかりませんが、
全力で臨むつもりです。

それにしても1年の内に2つのスペシャルなツアーがあるとは...
2015年は後々思い出に残る年になりそうです。